キツネザル王国マダガスカル

2005年8月5日〜13日
[ーーーー]

[マダガスカル地図]

ずーっと行ってみたかったマダガスカル、やっと行く機会が巡ってきた。
2005年は日程の関係でモンゴル恐竜発掘ツアーに参加できなくなってしまったのだ。急遽、ツアーを探したところ、1名でも催行というマダガスカルツアーを見つけた。お値段も思っていた程高くない。これなら、ということで申し込んだのだった。

マダガスカルはインド洋の西、アフリカ大陸の東でちょうど南回帰線あたりにある大きな島だ。島というより大陸って感じかも。長い間他の大陸と切り離されていたので独特の動植物が暮らしている。お目当てはなんといってもキツネザルだ。

キツネザル(Lemur)は、原始的な猿の仲間で、キツネザル下目の面々はマダガスカルにしかいない(ロリスはアフリカ大陸や東南アジアなどにいる)。猿っぽくないその姿が前々から気になっていたのだ。


ツアー行程は次の通り

  1. 成田からバンコク経由で首都のアンタナナリブへ
  2. アンタナナリブから車でペリネへ
  3. アンタナナリブに戻って飛行機でムルンダバへ
  4. アンタナナリブに戻って市内観光
  5. 飛行機でフォート・ドーファン(タウランニャロ)へ
  6. フォート・ドーファンから車でベレンティへ
  7. アンタナナリボへ戻って帰途
*参考分類:分類は学説によって違うことがあります。

ちなみに、マダガスカルの公用語はマダガスカル語とフランス語。首都は日本語ぺらぺらの現地ガイドがつくので問題なかったが、地方はフランス訛りの英語ガイドでちんぷんかん。まあ、キツネザルがメインなのであまり問題なかったけど。(聞き取れない英語にちょっと疲れただけ)

[Next]


素材:uno-com

[↑]トップへ戻る

Oct. 10, 2005

Copyright(c) 2005, Nekomatagi