お薦めリンク

ここを見て!というところを中心に加えていきます。

New!

恐竜・個人サイト][恐竜・公共サイト][その他


[恐竜・個人サイト]

◆恐竜の楽園
日本の恐竜情報発信基地として一つ知っておくとよいです。富山の古生物ファンの人がやっています。恐竜ニュース、他の恐竜情報へのリンクも充実してます。
◆ 恐竜パンテオン
いつの間にやら、一大恐竜情報サイトになってます。イベント情報などは結構早いですよ。
◆Dino Club
主催者・にゃんこ先生は博物館で地質学の研究をしている人です。結構濃いモンゴルの旅行記もある。地質学のお勉強にもなる。もちろん、恐竜化石の話も。
日本でもこういう専門家がもっと個人で情報発信してくれるとうれしい。
◆Life is DINOSAUR!!
ドラゴン宮下さんのサイト。マニアというのはこういう人のことをいうのだ!専門家目指して励んでらっしゃる。
◆Tyrannosaurology, Maj.
ティラノサウルスの熱狂的ファンで初心を貫いてカナダへ留学してしまったというShaggyさんのサイト。自作イラストもあります。残念ながら更新は休止してしまった。
◆the paleontological box
若き古生物ファンKUDIさんのサイト。自作の日本の恐竜データベースなど頑張っている。
◆DINOLAND
こちらも若き古生物ファン・グラント博士のサイト。なかなかの意欲作です。
◆fern & moss
Dinosaursのコーナーの恐竜フィギャーを使ったミニジオラマがかっこいい。一見の価値あり。
◆恐竜おもちゃ博物館
主に恐竜の模型を集めている方のサイト。御自分で色を塗り直しちゃったり、無いものは作っちゃうというところがすごい。恐竜マニアなら覗いてみる価値大!
◆RC GEAR
シルバーのアクセサリー制作者のサイト。すんげぇ、かっこいい恐竜リングやネックレスがある。通販もやっている、ので、金欠の人は見てはいけない。
◆STUDIO D'ARTE CORVO
古生物アートの小田隆氏のサイト。古生物以外の作品も見れるぞ。
◆古世界の住人New!
古生物や現生動物の話題を扱うブログ。イラストレーターの人がやっているようだ。
◆1996年の恐竜発掘調査サポートツアー参加者のページ
◆1997年の南ゴビ恐竜発掘ツアー同行者のページ
◆ THE DINOSAURICON by T. Mike Keesey
恐竜の分類を調べる時はここのクラドグラム(系統樹)を使ってます。
Genus Indexでは恐竜名がわかるとそいつが属する上位の分類名までわかるので便利です。(うーん、でもなんかつながらないんだよねー。2007年4月現在)

恐竜・個人サイト][恐竜・公共サイト][その他

[恐竜・公共サイト]

◆恐竜王国・中里
神流町(旧・中里村)恐竜センターの展示案内と中里地区でのアクティビティを紹介しています。モンゴル出土の小型獣脚類の化石の写真と解説が充実してます。
◆林原自然科学博物館
まだ開館準備中だが、先行して実施しているモンゴルの恐竜化石発掘調査の情報が載っている。
◆環境Goo 恐竜・化石特集
ミニ恐竜辞典。パパ・ママは博物館に行く前にここで予習しよう。お子様にウソを教えないためにも…。
◆福井県立恐竜博物館
日本で「恐竜博物館」を銘打っているのはここだけ。機会があったら是非いってみよう。
◆DINOSAURIA ON-LINE
英語の恐竜サイトはたくさんあるけど、やはり調べものをするのは上記T. Michael Keesey氏のページかここだな。
◆Archives of the DINOSAUR Mailing List
なんとあのDINOSAUR Mailing Listのログがウェブページで読めるのです。あの英語の嵐に挫折した人も、これなら気になる記事だけ拾い読みが。クリーブランド自然史博物館のサーバーにあるようです。

恐竜・個人サイト][恐竜・公共サイト][その他

[その他]

◆しゃがぁ
モンゴル関係のページです。しゃがぁ独自の情報もありますし、リンクも充実してます。一口にモンゴルといっても旅行、言語、民族音楽、社会…、いろいろです。
◆えぞりすの世界放浪記
私の一番好きな国・ノルウェーの、かっこいい画像を見て下さい。これであなたも行きたくなるはず。他の国の画像もこれまたかっこいいです。

恐竜・個人サイト][恐竜・公共サイト][その他

フェレットについてはフェレット生活リンク集を参考にして下さい。


皆さ〜ん、私のページには勝手にリンクを張ってよいですよぉ。但し、トップページ以外は構成が変わることもあるのでその時はその時ということで。
相互リンクはしてませんので悪しからず。

[恐竜その他諸々]バーナーつくってみました。


[↑]トップへ戻る
Copyright(c) 1996-2007, Nekomatagi