[シソ梅]シソ梅撲滅作戦

11月の記録

1998/11/30 (月)

朝、ちょっと梅干し。シソ梅というほど赤くはない。ケージ内はうんちが散らかっている。
おやつ無し。
そんなにお尻は腫れていないのだが、タオルや床に赤いしみがつく。
 フェレットグロース、フリスキーミックス(4:1)

夜、ちょっと梅干し。色は薄い。ケージ内は散らかっている。
ぷーっと排便、そんなに赤くはないがだいぶ出てしまった。今夜は興奮しまくって引っ込まない。
おやつなし。
 フェレットグロース、フリスキーミックス(4;1)

1998/11/29 (日)

昼間、脱肛していた。
2匹を連れて帰宅。
夜、大丈夫。キャリングケースのなかでしていたが。
ちょっとだけ音がして排便、少し脱肛。でもシソ梅というほど赤くない。細めだがわりとよい便。数分でひっこんだ。
薬無し。8in1のチキンと緑のやつを1粒。
 フェレットグロース(多め)、フリスキーミックス(少な目)

1998/11/27 (金)

朝、大丈夫。ケージのなかもきれい。トイレにはごちゃごちゃしてある。
音無し排便、脱肛しない!太くはないが、わりといい便。
何回かふんばってはやめてを繰り返したあと、2度目の排便で脱肛。音は無し。1度目よりは細いがわりといい便。
薬無し。おやつ、8in1の緑のやつ2粒。
 フェレットグロース(多め)、フリスキーミックス(少な目)

夕方、試走め。靴下爆弾の前に立派なのがしてある。
排便、悪くないが細めの便。
実家に移動。
 フェレットグロース(多め)、フリスキーミックス(少な目)

1998/11/26 (木)

朝、大丈夫。ケージの中の水ボトルの下に立派なのがしてある。トイレにも立派なのが1つ(こっちはとらのだと思う)。
ぷっと排便、脱肛。細い粒々うん。しばらくしてもう一度排便。
薬無し。おやつ、8in1の黄色いやつ2粒。
 フェレットグロース(多め)、フリスキーミックス(少な目)
水ボトルと餌入れの位置をずらして、どうしてもしてしまう角に靴下爆弾を配置してみた。

夜、そんなに腫れていないが脱肛ぎみ。靴下爆弾の効果あり、水ボトルの下は無事。反対の角にしてある。細めだがわりと立派。トイレにもびゃっこのらしき乾いたやつがある。
ぷーっと排便、脱肛。少し腫れた。
薬無し、おやつ、8in1の黄色いやつ1粒
 フェレットグロース(多め)、フリスキーミックス(少な目)

1998/11/25 (水)

朝、シソ梅。ケージのなかはトイレ以外の3角&トイレにしている。そんなに粒々ではないが、あまり太くない。
薬無し、おやつ8in1の緑のやつ1粒。
とらも緑のやつの混じった便(とらのは太い!)をしたから、緑のは昨日舐めた自分の毛が排出されたものかもしれない。
 フェレットグロース、フリスキーミックス、半々くらい。

夜、大丈夫。ケージの中は水ボトルの下にわりと太くて立派なやつがしてある。本当にびゃっこのだろうか?
音無し排便、脱肛。わりといい状態だが細めの便。このあと何回もトイレにいって小出しにする。
今日はとらも小出しにする。冷えたのだろうか?
薬無し、おやつ、8in1の黄色いやつとオレンジのやつ各2粒。
 フェレットグロース(多め)、フリスキーミックス(少な目)

1998/11/24 (火)

朝、シソ梅。ケージの中のうんちはまあまあだが、トイレじゃないほうの角2ヶ所にしている。明け方ぷっという音がしていた。
ぷりっと排便、粒々うん。しばらくのちの2度目の排便はわりとよいうんち。
薬無し。おやつは8in1の黄色いやつ2粒。
 フェレットグロース(多め)、フリスキーミックス(少な目)

夜、シソ梅。ケージの中のうんちはまあまあ。朝同様、トイレじゃないほうの角2ヶ所にしている。ぷりっと排便。
薬無し。おやつは8in1の黄色いやつとオレンジのやつ各1粒。
爪切りのために腹にFERRETONEを塗る。
 フェレットグロース(多め)、フリスキーミックス(少な目)

夜中、大丈夫。トイレには緑の部分がある粒々うんがあった。多分びゃっこのものだと思うが確証はない。
音無し排便。ちょっと脱肛したが腫れていない。便は少量で粒々。脱肛は数分で引っ込んだ!
おやつ、8in1のオレンジのやつ1粒。

1998/11/23 (月)

朝、まずケージの中で排便、脱肛。それほど悪くない便。ケージの中のトイレにたくさんしてあるが、外にもちょっとしてある。
明け方ぷりっと音が聞こえたが、それは外にしたやつのようだ。
薬無し。おやつなし。
 フェレットグロース、フリスキーミックス。3対2の割合で分けていれておく。
 フリスキーミックスのほうが減っている。(とらはこれが好き)

夜、まずケージのトイレでふんばる。出してからぷりっと排便、脱肛。わりとよい便。
ケージの中はうんちが散らかっている。いずれもわりといい便。トイレはそんなに汚れていない。
薬無し。おやつは8in1の黄色いやつ2粒。
 フェレットグロース、フリスキーミックス。フェレットグロースのほうを増やしてみる。混ぜて入れておく。

1998/11/22 (日)

昼、シソ梅。ケージの中は細切れの便が散らかっている。総量からいうと、ちゃんとトイレでしたものもあるようだ。
排便時、ぷりっと音がし、脱肛。小さく細い便。
腸の薬無し。おやつは100円ショップフード1粒、8in1のオレンジのやつ1粒。
 フェレットグロース、フリスキーミックス。

夜、少し脱肛ぎみ。ケージのなかはきれい。トイレにだけ便がある。
排便後、脱肛。音無し。かなりよい便。
遊んでいるうちに引っ込む。
腸の薬無し。おやつは8in1のオレンジのやつ2粒、黄色いやつ1粒。
 フェレットグロース、フリスキーミックス。

1998/11/21 (土)

朝、ちょっと脱肛気味。ケージにはわりといい便が残っている。
排便時、ぷりっと音がして完全な脱肛。
腸の薬、1ml。おやつ、100円ショップフード一粒。

昼、あおいさんちでオフ会。
到着後、すぐに排便。やわらかめだがわりといい。しかし、脱肛。遊んでいる間に引っ込んだ。以後、何度かチェックしたが大丈夫だった。何度排便しているか不明。何を食べたか不明。

帰宅後、排便。やわらかめだが、わりといい。音無し、脱肛無し!
腸の薬、1ml。おやつ、100円フード一粒。
今日一日の便の色はとらと同じ“フェレットグロース色”。
今晩からとらと同居。
 フェレットグロース、フリスキーミックス(猫用)

1998/11/20 (金)

朝、大丈夫。悪くはないが細めの便が残っていた。排便時ぷりっと音がして脱肛。
 フェレットグロース  …50-20
 トータリー・オールダー…50-24
腸の薬1ml。おやつ100円ショップのフェレットフード(動物村と同等という噂)1粒。
近所のお医者さんにドルバロン(消炎剤)をもらいにいった。

夜、シソ梅。黒くひからびた便が残っていた。いつもと様子が違う。あまりよくないと思う。排便時ぶりぶりいう。つぶつぶのうんちをする。粘液も少しついてくる。黒っぽいがタール状ではないので、血便ではないと思う。おもいあたる節はおやつのみ。ただし、たったの1粒である。
 フェレットグロース …100-0=100
ボトルの水はほとんど減ってなかった。
1時間半くらい遊んでいるうちに脱肛がおさまった。初めてのこと。いつもは遊んでいる間中ずーーーーっと出たままだった。
腸の薬1ml。おやつ100円ショップフード2粒。

1998/11/19 (木)

朝、大丈夫。わりとよい便が残っていた。排便時、脱肛した。音はなし。
おやつはフード、チキン、黄色い粒。腸の薬を与える。
 フェレットグロース  …50-0=50
 トータリー・オールダー…50-0=50

夜、シソ梅。ケージに残っているのは細いのから太いのまである。排便時、ぶりぶりっと音がする。小さくて細いがつぶつぶではない。
 フェレットグロース  …50-29=21
 トータリー・オールダー…50-12=38
帰りが遅かったせいか、餌入れは空だった。水は20ccくらい減っていた。
腸の薬を与える。おやつ無し。
とらのうんちはロイヤルカナンが切れてから色が薄くなった。

1998/11/18 (水)

朝、シソ梅。新しいボトルは飲みにくいらしく、水がほとんど減っていない。
腸の薬を与える。
 フェレットグロース  …40-20
 トータリー・オールダー…40-15

夜、大丈夫。わりとよい便が残っていた。排便時、ぷりぷりいって脱肛した。出た便は前ほどつぶつぶではないのだが。
今夜からFERRETONEはお預け。油類が下剤の役目を果たすことがあるらしいとのこと(FMLの入れ知恵)。ご褒美は8in1の缶に入っているフードとチキンと緑や黄色のぽわぽわしたものだけにする。
 フェレットグロース  …50-15=35
 トータリー・オールダー…50-10=40
水ボトルの飲み口を前のやつに変えた。飲み口の部分は熱湯消毒しても変形しなかったので大丈夫だと思う。
おやつはフードと黄色い粒。腸の薬を与える。

1998/11/17 (火)

朝、シソ梅。なんとか腸の薬をちゃんと与えられるようになった。試しに皿にいれて舐めさせてみようとしたが、失敗。
 フェレットグロース  …50-40=10
 トータリー・オールダー…50-32=18

夜、水ボトルを新しいのにとりかえた。腸の薬を、ケージから出た後、早めに与えることにした。
 フェレットグロース  …40-0=40
 トータリー・オールダー…40-0=40

1998/11/16 (月)

朝、よい状態だった。ケージの中も今までにみたことない立派なのをしていた。排便してもシソ梅にならない。
腸の薬を与えたが、ぷるぷるされて、ちゃんと1mlは入らなかった。

夜、シソ梅だった。
遊んでいる途中でしっぽが爆発していた。
びゃっこの水ボトルにアオコ発見!とらのお古で、おそらく3年モノである。熱湯消毒しようとしたら、ふにゃふにゃになってしまった。
この日から餌の粒を数えることにした。(FMLで入れ知恵してもらった)
いれた数から翌朝/帰宅後、残っていた数をひいて、食べた割合を見ようというもの。
 フェレットグロース  …40-7=33
 トータリー・オールダー…40-8=32
腸の薬を与えたが、またぷるぷるされた。

1998/11/15 (日)

朝、よい状態だった。ケージの中にもまともな便があった。
フィラリアの薬を砕いてFERRETONEに混ぜて与える。腸の薬はまだ。

夜、結構ひどいシソ梅になっていた。
腸の薬を与えた。
遊んでいる途中で、突然「きゃん!」と鳴いてだーっとはしっていった。尻尾がブラシになっていた。原因は不明。このあと、またとらと仲良く(?)遊んでいた。

1998/11/14 (土)

朝、大丈夫。排便後、シソ梅に。
昼、起きてすぐ排便。シソ梅にはならず、そのまま病院へ。
ポンタ@永井さんのページで紹介されている中馬動物病院へ行った。病院では粗相したが、脱肛しなかった。


白く濁った腸のお薬を処方された。朝晩各1mlを注射器にいれて飲ませる。腸を保護する薬なので、フィラリアの薬はこれの前に投与するようにということで、まだ飲ませなかった。

かむ♪さんちにいたときは同じフェレットグロースでうんちもりもりだったそうだ。うちにきてから調子が悪いので、フェレットグロース以外の何かがあわないのだと思う。

1998/11/13 (金)

近所の病院の先生に電話で聞いてみる。

出ている時にはまめに押込まないといけないのか?
押込むべきだ。ずっと出ていると引っ込まなくなる。
腫れていない時も薬はつけておいたほうがいいのか?
必要ない。刺激しないほうがよい。

ちゃんと押込むぞ、と使い捨てプラスチック手袋を買ってきた。しかし、押込もうとすると小さい声でふぎゃふぎゃなく。すっごく痛いみたい。こっちが挫けてしまった。やっぱり押し込めない。

1998/11/12(木)

朝、お尻の状態はよい。しかし、排便して脱肛。

1998/11/11(水)

夜、お尻の状態がだいぶ悪い。

1998/11/7 (土)

2匹を実家に連れていく。
調子いいみたい。排便しても脱肛にならない。

1998/11/6 (金)

朝、異常なしに見える。

トータリーのオールダーを買ってきた。4歳以上のフェレット向けと書いてあるが、蛋白質と脂肪の割合はフェレットグロースと同じである。
夜から、フェレットグロース+サイエンスダイエット猫用シニア+トータリー・オールダーの3種混合にした。

1998/11/5 (木)

朝、お尻は落ち着いている。自分でお尻を舐めちゃうので、薬は塗らなかった。

夜、またシソ梅になっていた。薬を塗った。押込むのはできなかった。

1998/11/4 (水)

朝、近所の獣医さんに行った。脱肛と診断された。


さつまいもは与えても効果ないと勝手に思った。とらの便からチーズや干しぶどうがでてきたことがあるので。

びゃっこはうちにきた当初(9/23)から便が細くてゆるかった。
ロイヤルカナン・気むずかしい猫用を与えたが、変化なかった。
とりあえず餌を変えることにした。
旧:
フェレットグロース+ロイヤルカナン・気むずかしい猫用+サイエンスダイエット猫用グロース
新:
フェレットグロース+サイエンスダイエット猫用シニア

獣医さんで使い捨て手袋と消炎をもらった。獣医さんがやっていたように人差し指で押込もうとしたが、うまくいかない。刺激すると催して、力んで出してしまう。

夜、お尻の色は落ち着いて、無着色梅干しくらいになっていた。
フェレットグロースは平らげて、サイエンスダイエット猫用シニアはいっぱい残っていた。今までは混ぜればなんでも食べていたのだが。

1998/11/3 (火)

夜にびゃっこのお尻の異常を発見。肛門がシソ梅のようになっている。
噂に聞く脱肛だと思う。
最近バトルが激しいので、首筋の傷を探していて見つけた。いつからそうなっていたのかは不明。


[風変わりな素材屋さん]


シソ梅撲滅作戦・トップへ

[↑]トップへ戻る

Dec. 22, 1998
Last Modified: Oct. 1, 2001


Copyright(c) 1998-2001. Nekomatagi