指輪展@シンガポール

2004年5月21日〜24日、シンガポールで開かれていた映画「ロード・オブ・ザ・リング」の展示会を見に行ってきました。

◎プロローグ ◎指輪展 ◎その他の観光

 [★]リトル・インディア

[][]安くておもしろいものがいっぱいあった。だが、買い物ヘタなねこまたぎは何も買えなかった…。
買い物上手なU姐は涼しげなお洋服を2着買った。

[]ヒンズー系の寺院。これでもか〜という感じ。


 [★]ナイト・サファリ

ぢつは到着時の送迎バスで現地ガイドのおばさんにオプショナル・ツアーを薦めらたのだが、ツアーより個人でいったほうが安いと聞いていたのでナイト・サファリに行くことは黙っていた。そして「7時間近くかけてシンガポールへやってきてサイエンス・センターだけとは何事だ」みたいに凄い勢いであらゆるオプショナルツアーを薦められまくったのだった。(U姐は翌朝、おばさんがホテルの部屋におしかけてきて薦めまくる悪夢を見たそうだ…)

ほぼ予定通り、ホテルでタクシーをひろってナイト・サファリをやっている動物園へ。2〜30分車を飛ばして約15ドルとは、安いねぇ。やっぱ、タクシー使わにゃ損だよ。
が、しかし、到着してみるとガ〜ン、チケット買うのに長蛇の列。だからツアーは5時半発なのか(7時半くらいにならないと暗くならないのに)。とりあえず並ぶ。まあ、そんなに待ちくたびれないうちにチケットを買うことができた。窓口のおばさんは有無を言わさず10時の動物ショーの予約券もくれた。
チケットの列が終わるとトラムの列。だが、列ができているのは英語ガイドのトラム。1時間に1本くらい出る日本語ガイドのトラムにすぐ乗れた。ラッキー。

[][]このトラム(電動車)に乗ってまわる。
英語ガイド・トラムの列。

ナイト・サファリは暗くてデジカメでは写真はとれなかった。動物たちはうまいこと人に見えるところにいてくれる。ちょうどよく餌かなにか与えているのだろう。
檻なしタイプの動物園で、鹿の類いはほとんど放し飼い状態。トラムのルートと鹿のいるところの間に柵もない。さすがに猛獣系は堀があるようだが…。

トラム・コースで見た動物:
  • 鹿いっぱい。種類もいっぱい。
  • 角の立派な羊、種類いっぱい。
  • 水牛系2種類
  • インドサイ、インド象
  • カバ
  • インドライオン、虎(マレートラだったかな…)
  • ハイエナ2種類
  • ジャッカル、ドール
  • カピパラ
  • 豹柄の猫、数種類
  • 丹頂鶴、なんとか鶴
  • ペリカン、コウノトリ
  • フラミンゴ
  • ナマケグマ(だったかな)
  • 髭のある豚(名称忘れた)
  • マレーバク
  • オオアリクイ
あれ?鶴って夜行性の鳥だったのか!?

[][]さて、腹が減った。サティー屋が出ている。ページさんは見つけるなりまっすぐそこへ。
焼き鳥には違いないが、味噌は甘いピーナッツ味だった。

[][]私はラム肉ハンバーガーを調達。モスバーガーばりのふんわりミートパティだ。
U姐はさっぱり中華麺。味見させてもらった。エビシュウマイがプリプリでうまかった。

動物ショーは全然期待していなかったのだが、おもしろかった。いやー、うまく調教されていることいること! 口ではうまく感動を伝えられないので、ナイト・サファリにいったらみなさん必ず見ること。他のサイトにもそう書いてあったがあれはヨイショじゃないよ。見て損はない。(司会者がずっと英語でしゃべってるんだけど、その内容はわかんなくても…)

トラム以外に歩いて見るルートもある。私のお目当てはカワウソ。ちょうどフェレットサイズくらいのカワウソがうぞうぞキーキーいっていた。係の人がお魚を投げ入れると両手で持って食べる。かわゆい。私がカワウソに見とれている間、U姐とページさんはその先にいるワニとか見てきた。じーーーっと一人でカワウソを見ていたら怪しまれたのか、係の人がやってきて「Hello」なんて声かけてきた(^^;
そして十分カワウソを鑑賞して満足して帰途についたのであった。

徒歩コースで見た動物:
  • 虎(ガラス越し)
  • マメジカ…ほんとに小さい。フェレットより小さい
  • 豹柄の猫
  • スナドリネコ…のエリアの川に亀がいた…。
  • カワウソ
カワウソより先にもいろいろいたらしい。

 [★]マーライオンを見てガッカリするはずが…

観光旅行だ、とりあえず世界三大ガッカリのひとつ、マーライオンを見なければ、ということで地下鉄でラッフルズ・プレイスという駅までいった。
[]漢字表記がおもしろい。

駅から出てすぐの川沿いの景色
[][][]
[]妙なオブジェも…

[]マーライオンの後頭部が見えてきた。
[]漢字だと「魚尾獅」…魚尾ね……。
[]小さい像とは背中合せ。親子断絶?

[][][]
素敵じゃん、全然がっかりしないぞ!

サイケ獅子4連発
[][]
[][]

変なオブジェも満載
[] []

高級ホテルであるフルトン・ホテルに侵入、ロビーがすごい。鯉もいる。
[] []


 [★]シンガポールの銀座

オーキッド通りというシンガポールの銀座通りのようなところにいった。目的はおみやげ用ブランド物を売っている免税店。
[]デバ地下のようなところのフルーツ屋でマンゴージュースを買う。絞りたてだからそれなりにうまい。でも4ドルもした。昼飯代より高い(ちなみにこの日の昼飯は3ドル)。

[]あれが目指す免税店だ!
ブランド物など買いなれない御一行様、値段の表示がなくてあたふた、値段を聞いてあたふた、免税手続きであたふた…。

[][][]
お昼はラウ・パ・サというホーカーに行ってみた。
いろいろ選び放題…のはずが、結構閉まっている。オフィス街の日曜日だからか…。失敗。でも、食べたものは安くてうまかった。
[]私が食べた水餃子麺・スープ付き。これで3ドル。
ちょっと焼きそば風。見た目ほど味は濃くない。餃子は想像していたのと違う食感。でもとにかく好みの味♪
[]ページさんが食べたパクチー入り麺
ちょっとお相伴。魚のすり身団子はなかなかうまかった。

[]

特に用はないけど中華街にいってみる。ここも日曜日でいろいろ閉まっていた。獅子舞の練習なんぞしていた。

観光案内の看板見たり、金ぴか寺院を外から見たり、とりあえず観光ということで。
ぢつのところは暑いのであまり長くは歩いていたくないのだった。
[][][]


 [★]最後の晩餐

シンガポール駐在のへたーなる・ぴーつ(このサイトの自己紹介の奥底参照)ボーカリスト氏一家とご飯を食べ行った。
[]駐車場近くにあったマンション。
赤い囲いはベランダではなく、洗濯物隠しのようだ。こちらの人は物干し竿を縦に突き出して洗濯物を干すのだ。

[]アラブ街のモスク。
観光客の入場は16時までだそうで、外から眺めただけだった。
…って今回はほとんど寺系は外から眺めただけでした。

ザムザムというお店でアラブのお好み焼きみたいなものを食った。「ムルタバ」というらしい。生地に肉やたまねぎを重ねて包んで焼いたもの。カレーをつけて食う。牛のより鶏のがうまかった。他にもいろいろ注文しすぎて食いきれなかった。
[][][]


 [★]フィナーレ

[]怒涛のシンガポール旅行も終わりである。
帰途の飛行機では「スクール・オブ・ロック(英語音声)」を見た。見たいと思っていたやつだ。なんてラッキーなんだろう。いっていることはわからなくてもやっていることはわかる、わかりやすい映画だった。
機内食(朝食)が暖かいのがうれしかった。

[]ここは成田です。
空港から一般道へ出るところは信号待ちの間、ゲートが閉まっている!こんなところでカルチャーショック!!

帰りにはU姐のうちへ寄らせてもらって、みーーっさんから送付されていた「アニメ:ロード・オブ・ザ・リング」(バクシ版)を鑑賞した。……うわさには聞いていたが、いろんな意味で一見の価値あり。もちろん、一人で見るより大勢でみたほうがおもしろい、はず。
いたちーずとにゃんずと、ちょっとだけ遊んだ。(左から、みんちゃん、たいにゃん、れおにゃん)
[][][]

見た、食った、汗かいた、って感じでした。
旅の仲間よ、ありがとう。 咳がうるさくてごめんにゃ


[←]指輪展へ


[マゾム工房]
[↑]トップへ戻る
Copyright(c) 2004, Nekomatagi,